ゲーム機を買う際の工夫

無理にたくさん買わない

ゲーム機を複数買うと、それだけで予算をオーバーする危険性があります。
すると全員分の景品を買えないので、高額なゲーム機は1個だけでも構いません。
多くても、2個までに留めておきましょう。
そのような目玉の景品があることで、子どもたちのモチベーションを高めることができます。

ゲーム機と、ソフトをセットにしても良いでしょう。
しかし最新型のゲーム機やソフトは、人気が高いものは販売されてすぐに売り切れることが多いです。
子ども会の景品に使おうと思っているなら予約をしたり、発売日当日に購入したりと工夫してください。
狙っているものを買えないと、別の景品を急いで探さなければいけないので、自分の負担が大きくなってしまいます。

短い時間で終わらせる

楽しい子ども会にするため、ゲームの時間を短くしましょう。
基本的に子どもは、飽きるのが早いです。
そのため1時間以上ゲームに費やしていると、集中力が切れてしまうでしょう。
それよりも30分など短い時間にした方が、みんなが楽しい気分のまま終わりを迎えられます。

ですから、どのようなゲームをするのかよく考えてください。
難しいゲームは全員がクリアするまでに時間が掛かりますし、小さい子どもはクリアできない可能性があります。
幅広い世代の子どもが参加するイベントでは、最年少の子どもに難易度を合わせましょう。
それでも難しい時は親と一緒に参加したり、低学年と高学年の子どもがチームを組んだりするようにルールを変更してください。